ローカリゼーション:「しあわせの経済」への道<序>

2016年にローカル・フューチャーズから刊行された冊子『ローカリゼーション:「しあわせ経済」への道』。ヘレナさんの世界のありようを捉え、明快に問題点を指摘し、それに替わる道筋を提示する優れたテキストとして、広めようと、ナマケモノ倶楽部有志で翻訳しました。

Read more

5/13(土)エシカルフェスタ2017

「しあわせの経済」世界フォーラム実行委員会に参加している、エシカル協会主催のイベント。

ローカル×エシカルは、今後ぜひみなで注目していきたいキーワードです。私たちの暮らしを彩る衣食住をもっとエシカルに。

フェアトレード・デイを祝いながら、たのしく気軽に学んでみませんか?

======================

毎年5月第2土曜日は、世界フェアトレード・デー。世界中でフェアトレードをアピールする日です。
今年も私たちエシカル協会は、1年に1回のこの機会に、フェアトレードのみならず、エシカルな生産や消費、ライフスタイルを考え、発信するために、エシカルフェスタを開催します。

フェアトレードやエシカルに接する機会がない人も、関心が高い人も、マーケットやトークショー、ライブを通じて、楽しみながらフェアトレードやエシカルを身近に感じてもらい、学べる機会を提供します。

エシカルフェスタ2017 をきっかけに、ひとりでも多くの人がエシカルな価値観を実際に生活に取り入れてくれることを目的とします。

・エシカルなアイテムの展示・物販
・エシカルトークショー
・スペシャルLIVE by 東田トモヒロさん

など、盛りだくさんのイベントになります。

<プログラム>

11:00 エシカルフェスタ開演
主催者挨拶
一般社団法人エシカル協会代表理事 末吉里花

12:00-12:30 「あなたの消費が世界の未来を変える」
岡村和美消費者庁長官×一般社団法人エシカル協会 末吉里花

12:30-13:00 「エシカルでつなぐ今後の街・コミュニティのあり方とは
一般社団法人 エシカルタウン原宿 理事、原宿神宮前商店会 副会長、ギブライフ 代表 早川千秋さん×株式会社リバースプロジェクト共同代表 龜石太夏匡さん

13:30-14:00「私に楽しくて、世界に良いお買いもの」
ピープルツリー広報・啓発担当 鈴木啓美さん×モデル・エシカルファッションプランナー・ピープルツリーアンバサダー 鎌田安里紗さん

14:30-15:30 出店者紹介リレー

17:15-18:00「パタゴニアが考える企業の責任
パタゴニア日本支社長 辻井隆行さん×パタゴニア日本支社 環境・社会部門ディレクター 佐藤潤一さん

18:30-19:15 スペシャルライブ by 東田トモヒロさん

 

 

主催:一般社団法人エシカル協会

協力:一般社団法人エシカルタウン原宿 / 一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 / ミヤザワ株式会社 / 株式会社オーガニッククルー / 一般社団法人オーガニックフォーラムジャパン / 株式会社Abby / 一般社団法人エシカルビューティ協会 / 村田作戦株式会社/株式会社KAWAGUCHI

協賛企業:豊島株式会社、東京サラヤ株式会社、イオントップバリュ株式会社、コニカミノルタジャパン株式会社

参加費無料(事前予約不要)


《出店者》
AFRIKA ROSE
ARTIST AKI
NPO法人FTSN関東
N HARVEST
ザ・ボディショップ
SANYO
静岡県立駿河総合高等学校「M−SIPP」
Dr.Bronner’s
Patagonia
ピープルツリー
ORGANIC & FAIR CHOCOLAT STELLA by 八基通商株式会社
ワンプラネット・ペーパー

5/13(土)ローカル・イズ・ビューティフル in 石徹白

「しあわせの経済」世界フォーラムの実行委員会にも参加している「いとしろカレッジ」による特別講座。

岐阜県・石徹白(いとしろ)から、しあわせなローカリゼーションについて考えます。

そもそもローカリゼーションとは、何だろう。世界でどのようなことが起きているのか、そして日本は?私たちはどんなことができるのか。
11月のイベントは国際的に注目されることになると思いますが、辻さんとともに、石徹白から気運を盛り上げつつ、第2期いとしろカレッジについてご案内できればと思っています。

7月から始まる「いとしろカレッジ」第二期の受講に興味がある方、辻さんのお話に興味がある方、どなたでもご参加可能です!
皆さまのお越しをお待ちしております!
■日時:5/13(土) 13:30~16:00
■場所:カルヴィラいとしろ
岐阜県郡上市白鳥町石徹白57-100
■定員:40名 (どなたでも参加可能)
■参加費:1000円
■内容
・辻信一さん基調講演 「Local is beautiful」
・第2期いとしろカレッジの説明
*第1期卒業生も集まってくれるので、お話を聞ける機会もあります。


■申し込み方法:
いとしろカレッジHPのイベント申込フォームよりご入力いただき、イベント名に「公開講座参加希望」とご入力ください。
http://itoshirocollege.com/contact/

■特別講師:辻信一
1999年にNGO「ナマケモノ倶楽部」を設立、以来、「スローライフ」、「100万人のキャンドルナイト」、「GNH(国民総幸福)」などの環境=文化運動を提唱。2014年、「ゆっくり小学校」を開校。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』『弱虫でいいんだよ』など多数、映像作品にDVDシリーズ「アジアの叡智」(現在6巻)がある。本年11月11~12日には「しあわせの経済」世界フォーラム2017~ローカル・イズ・ビューティフルを主宰する予定。

Going Local Talkを有楽町MUJIにて開催しました<1>

4月20日(木)と21日(金)、有楽町MUJIにて「Going Local Talk」を開催させていただきました。地球のことを考える日「アースデイ」前に、私たちが毎日の暮らしのなかで、どうローカルとの接点をもてるか、1日目は金融、2日目は消費をテーマに、ゲストのお話とともにみなで学びを深めました。

4/20:「いい会社を増やそう~信頼と共感の経済へ」 イベント詳細はこちら

トークゲストは、鎌倉投信の取締役で、新刊『持続可能な資本主義』が注目を集めている新井和宏さん。会社帰りの方を中心に、満員御礼のOpen MUJIが熱気に包まれました。お金とは何か、私たちは何を求めて生きているのか。新井さんのやわらかい語り口で、社会的課題解決のために取り組んでいる「いい会社」もたくさん紹介されました。有楽町MUJIで扱われているFUKUFUKUプロジェクトも新井さんたちが応援している会社のひとつ。消費されていく洋服たちを、繊維からリサイクルしていく、しあわせの循環モデルです。

金融業界では異端といわれる手法で業績をのばしてきた鎌倉投信。4人で会社を立ち上げた時から、なんのためにビジネスをしているのかの「熱い想い」を共有し、折に触れどこに向かっいるのかのゴールをメンバーで確認するという企業としてのありようにも、メモを取る方が多数いました。

聞き手を務めた有限会社スローの小澤陽祐さんからは、2011年の大震災で水の大切さを改めて思い知らされたエピソードから、現在、千葉県松戸でのソーラー焙煎、さらに岐阜県郡上での清流をつかった水出しアイスコーヒーを開発中だそう、鎌倉投信に応援してもらえるようなビジネスを目指したいとの抱負も語られました。