サティシュ・クマールからのメッセージ:愛の革命 ― 地球のための行動、それは愛の行為

愛の革命 ― 地球のための行動、それは愛の行為

サティシュ・クマールからのメッセージ

翻訳;辻 信一

 

イギリス議会は気候に関する国家非常事態宣言を出した。90歳になるBBC放送の象徴的存在デヴィッド・アッテンボローから、16歳のスウェーデンの活動家グレタ・トゥーンべリまで、かけがえのないわれらが地球の窮状を訴え、世界中の人々の注意を喚起する発言が注目されている。「エクスティンクション・レヴェリオン(絶滅への反抗)」の旗の下に集まった1500人の非暴力デモの参加者たちが逮捕された。真実を語ることを政府に要求し、気候危機について直ちに取り組むことを要求したという理由だけで。

 

これらのよく知られた発言や出来事の背後では、何百万という普通の市民が動き始めている。老若男女、宗教をもつ者ももたない者も、黒人も白人も、金持ちも貧乏人も、自分の生き方を変え、小さな解決法を生み出し、政策を転換させるために活動している。この危機の原因そのものであるシステムに抵抗し、NOを突き付けるだけではない。何百万という人々が草の根レベルで建設的な代替案へのYESを表明している。彼らは低炭素のライフスタイルを選び取っている。肉食を手放し始めている。エネルギー浪費型の農耕や食品加工を拒否し始めている。再生エネルギーに取り組む企業を支援している。二酸化炭素削減の為に自分の家の屋根に太陽光パネルを置いたり、家屋の断熱性を高めたり・・・。プラスチックバッグを断り、ペットボトル入りの水を買わず、使い捨てカップに入った飲み物は飲まない。ことの大小を問わずこれらはみな、問題の根本に届く活動だと言える。気候危機に関心を寄せ、かけがえのない地球のために行動することは、自分たちみんなの責任だという信念が、彼らを突き動かしているのだ。

 

私は全身全霊をもって、学校ストライキに立ち上がった生徒たちや環境活動家たちを支持し、支援する。それが地球上のどこであろうと、誰であろうと。ただ私はグレタ・トゥーンベリ、そして「Fridays for the Future(未来のための金曜日)」、「エクスティンクション・レベリオン」などに集う老若の活動家のみなさんにこうお願いしたい。

「どうか愛の力をもって気候危機に立ち向かう運動を創りあげてください。どうか恐怖の力に押し流されないでください。あなた方、そして私たちの闘いが愛に導かれますように。なぜなら、恐怖が人を脅かすのに対して、愛の力は持続的で、他者を説得し、世界を変えることができるから」

 

奴隷制、アパルトヘイト、そして帝国主義に終止符を打つための運動は、愛の指導者たちによって導かれた。女性参政権運動の女性たちを支えたのも愛の力だった。こうした人々が切り拓いた道を、私たちも歩もう。そして、母なる大地への深い愛に導かれながら、壊滅的な事態から地球を守るために闘おう。これは愛の革命だ。愛とは、論理的であると同時に魔術的。地球は愛を体現するもの。地球は愛、愛は地球の別名と言っていい。地球は私たちの先生。私たちはその地球から、愛の芸術を学ぶ。地球は私たちを愛している。そして私たちは愛をもって地球に応える。

 

私たちが行動するのは森や草花への愛のため。私たちは川を、海を愛する。壮大な山々を、命の源たる土を。素晴らしき鳥たち、そして動物たちを。私たちは人々を、未来の世代を愛する。だからこそ、地球を傷つける政策や行為、極地の氷を溶かし、海水面を上昇させるグローバル・ヒーティング(地球高温化)にNOと言うのだ。大地を損傷するような製品、そしてそれを生み出す企業を私たちはボイコットする。愛する地球のためなら監獄にでも行こう。平和に、そして新婚の寝室へ向かう花婿、花嫁のように幸せそうに。恐れるものは何一つない。

 

そして私たちはYESと言おう。シンプルで持続可能な生き方に。何兆本もの木を植えることに。循環型、再生型の農業に。私たちは健康的な、オーガニックで栄養豊かな食べ物を食べる。地球上至るところでそういう農作物を育てている小規模な農業を支援する。職人たちを応援する一方で、自分もまた手を使うアーティストとして生きよう。世界中の女性たちの味方であろう。悪しき力には抗い、その力を無化しよう。善きものが栄えるのを助けよう。

(続く)

メインビジュアル担当された『にんげんさまへ』刊行!

「しあわせの経済」国際フォーラム2019のメインビジュアルを担当くださった間中ムーチョさんの絵本『にんげんさまへ』が、素敬パブリッシングより刊行されました!

2019年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選した”MOUNTAIN”をベースに、原発事故で汚染されたままになっている故郷の山、海、土への思いを絵に託されています。山や花、ミミズたちは人間と同じ声を話すことができない。

人間さまに伝えたいことがある・・。

「しあわせの経済」国際フォーラムでは、人間が集って会議を開きますが、そこには、水、大地、太陽、空気といった生態系がいてくれるからこその「いのち」であり、集える時間なことを感謝・祝福しながら、インターローカルなネットワークを育めたらと思います!

絵本は、マルシェでも販売させていただきます。ぜひお手に取ってご覧ください。

 

◆間中ムーチョ
絵本作家、アーティスト。1970年生まれ。茨城県出身。セツ・モードセミナー卒。女児玩具デザイナーなどを経て、アーティスト活動を開始。東日本大震災で起きた原発事故後、茨城の自宅の庭の水仙やタンポポ、梅の実、マツボックリなどが、事故前とは違う形に変化したのに気づく。人間の出すデータや情報ではなく、植物達の声に従い避難を決意。関西へと移住し、現在、神戸市在住。今も植物達から勇気をもらい、創作活動に生かしている。絵本『にんげんさまへ』は、2019年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選した”MOUNTAIN”をベースに、原発事故で汚染されたままになっている故郷の山、海、土への思いを描き上げた。

PROGRAM-DAY1


Room 720

10:00 venue open
10:30 opening act

    music/prayer by Horita Yoshiki
    greeting message from Keibo Oiwa and EoH MCs (OMG, Nun, Yoshiki)

10:45-  Helena Noberg=Hodge (Local Futures, UK/Australia)

“Big Picture Activism to Change the World”


11:15- Sami Awad (Holy Land Trust, Palestine)

“The viability of Economics of Happiness
under military rule–A case study on Palestine.”

 


11:50-
Kobayashi Takeshi x Yotsui Shinji with Keibo Oiwa

Kurkku Fields: Lifestyle in Harmony with Nature


12:35-13:30 Lunch break

Vegan lunch box and organic coffee are available at the stall!

 


13:30-
Mika TSUTSUMI

Greedy Capitalism VS
Creative Glocalism

 



14:00-

Wen Tiejun

The Alternative Economic Strategy in New Era
–Eco-Civilization & Rural Revitalization


14:30- Art performance by Won Wing-Tsan and Master Hoshino


14:45- Moo Somboon

Sustainable Lifestyles in Community:
A Buddhist Perspective

 


15:15- Patricia Moguel

The Political Transition in Mexico and
the Role of Grassroots Movements:
Tosepan Cooperative as a National Model

 

 


15:45- Art Performance by yuha.

 


16:00- Michael Shuman

Finding the World We Want:

Transition towards Local Economy


16:30- Saad Dagher

Agro-ecology and Ecovillage:

A New World Grows out of Palestine

 


17:00- Music performance by apper a.k.a OMG

 

 

 


17:30- Swae(Siwakorn Odochao)

Agro-forestry and Localization:

Lessons from the Lazy Man Story in Northern Thailand

 


wrap up

ACCESS (english)



Venue: Meijigakuin Univ.YOKOHAMA campus >access

1518 Kamikurata-cho Totsuka-ku Yokohama-shi Kanagawa, 244-8539
>>PROGRAM DAY1  /  DAY2
>>ADMISSION    JPY 2,000(adults)  / JPY 1,000(students)
>>HOW TO REGISTER  mail to info@sloth.gr.jp

How to get the venue from JR Totsuka station?

From Totsuka Station

[ JR Tokaido line, Yokosuka line, Shonan Shinjuku line ]
・Bridge level gate
Exit the gate and proceed to your right, and then go down stairs to the Bus Terminal at East Exit
・Underground level gate
Exit the gate and proceed to your right, and then use Exit 5 to the Bus Terminal at East Exit
[ Yokohama Municipal Subway Blue Line ]
Exit the gate and go up to B1F with an escalator, and get out from Exit 5 to the Bus Terminal at East Exit
Take Enoden Bus for “Meiji Gakuin University, South Gate” (12 min.) at the bus stop No.8 at East Exit, get off at the last stop “Meiji Gakuin University South Gate”

 


>>PROGRAM DAY1  /  DAY2

>>ADMISSION    JPY 2,000(adults)  / JPY 1,000(students)

>>HOW TO REGISTER  mail to info@sloth.gr.jp