堤未果さんに聞く、グローバリゼーションの終わりの始まり

「しあわせの経済」ってなあに?と思うとき、同時に「じゃあ、今、私たちが暮らしている世界は、どんな経済なの?」という疑問が頭をよぎるかもしれません。
グローバル化された世界で、いま、何が起こっているのか。アメリカを中心に起こってきたことを、グローバルな文脈でどう考えるのか、らにそれが日本にどう関係するのか、これらを、国際ジャーナリストの堤未果さんに、わかりやすく話しいただきます。
新刊『日本が売られる』(幻冬舎)をはじめ、日本とアメリカを行き来しながら、メディアでは伝えられない世界のありよう、アメリカと日本の現状を鋭く指摘してきた堤さん。終わりを迎えている既存のシステムに代わり、私たちはどういう経済システムを手にし、しあわせを循環させていくのか。
海外ゲストからのコメントも楽しみです!
>>前売券はこちら
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です