メインビジュアル担当された『にんげんさまへ』刊行!

「しあわせの経済」国際フォーラム2019のメインビジュアルを担当くださった間中ムーチョさんの絵本『にんげんさまへ』が、素敬パブリッシングより刊行されました!

2019年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選した”MOUNTAIN”をベースに、原発事故で汚染されたままになっている故郷の山、海、土への思いを絵に託されています。山や花、ミミズたちは人間と同じ声を話すことができない。

人間さまに伝えたいことがある・・。

「しあわせの経済」国際フォーラムでは、人間が集って会議を開きますが、そこには、水、大地、太陽、空気といった生態系がいてくれるからこその「いのち」であり、集える時間なことを感謝・祝福しながら、インターローカルなネットワークを育めたらと思います!

絵本は、マルシェでも販売させていただきます。ぜひお手に取ってご覧ください。

 

◆間中ムーチョ
絵本作家、アーティスト。1970年生まれ。茨城県出身。セツ・モードセミナー卒。女児玩具デザイナーなどを経て、アーティスト活動を開始。東日本大震災で起きた原発事故後、茨城の自宅の庭の水仙やタンポポ、梅の実、マツボックリなどが、事故前とは違う形に変化したのに気づく。人間の出すデータや情報ではなく、植物達の声に従い避難を決意。関西へと移住し、現在、神戸市在住。今も植物達から勇気をもらい、創作活動に生かしている。絵本『にんげんさまへ』は、2019年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選した”MOUNTAIN”をベースに、原発事故で汚染されたままになっている故郷の山、海、土への思いを描き上げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です