遠藤律子

Endo Ritsuco

    ICU中退後、ディスコティックバンド(キーボード&ヴォーカル)を経て20代半ばよりジャズピアニストとして現在までに多くのライブハウス、ラジオテレビ、ジャズフェスティバル等に出演。

    FunkyRitsucoVersion!」を率いて、国際交流基金主催人物派遣事業中南米ツアーで、コロンビア、ドミニカ、キューバ、ボリビア、ペルーベネズエラ、パラグアイ日本大使館主催公演、アメリカモントレージャズフェスティバル出演、メキシコの国家的イベントサンマルコス祭に招聘公演。

    各公演で全員がスタンディングオベーションの大成功をおさめた。Toquio Bossa Trio(トキオ・ボッサ・トリオ)のピアニストとしてブラジル・リオデジャネイロ公演を成功させた。Funky Ritsuco Version!CD「Will You Love Me Tomorrow?」遠藤律子ピアノトリオCD「L’Amour est Bleu」発売中。美しい作曲、喜怒哀楽豊かな演奏と楽しいお話で、会場一体となるあたたかい音楽の時を作るピアニスト。ナマケモノ倶楽部会員、ナマケモノDVD「川口由一の自然農というしあわせ」等にオリジナル曲提供、アンニャ・ライトCD「Be the Change」演奏参加、善了寺カフェ・デラ・テラぼちぼち亭一門落語会に参加している。