フランクリン・ヴァカ

Franklin Vaca

    エクアドル、インタグ地方のロサル村に生まれ、家業の農業を営む。その後インタグの農村における持続可能な農業技術者として、有機農業の推進に携わる。さらにコミュニティ・ツーリズムのプロモーター兼コミュニティツアーガイドとして、インタグのエコツーリズムを促進する。その間、様々な反鉱山開発運動に携わる。

    現在、インタグコーヒー生産者協会の会長、インタグ小水力発電プロジェクト、アプエラ地域代表、ロサル村水質保全チーム代表など、インタグの持続可能な発展のための様々なプロジェクトのリーダーとして活躍する。