コンチョック・ワンドゥ

Geshe Konchok Wangdu

 インド・ラダック地方出身。南インドに再建されたチベット最大の僧院、デプン寺ロセリン大学にて仏教哲学を学び、チベット仏教学の最高学位である「ゲシェ・ラランパ」を取得。その後、ジャンムー・カシミール州のラダック語教本編集に携わり、2010年からラダックの仏教大学CIBS(Central Institute of Buddhist Studies=仏教中央大学)にて教鞭をとる。2015年に同大学学長に就任。ラダックのオピニオンリーダーの一人。