石垣 昭子

Ishigaki Akiko

    1938年沖縄県八重山竹富島に生まれる。女子美術大学卒業。
    70年より京都で志村ふくみに師事。80年に夫の石垣金星と供に西表島に紅露工房を開設。
    島の植物による伝統的な染織の復興に取り組むほか。

    1998年、テキスタイルデザイナー真木千秋、服飾デザイナー真砂三千代とのコラボレーションで、

    「真南風(まーぱい)」と名付けた衣のブランドを立ち上げる。同年ニューヨークMOMAの

    ジャパンテキスタイル展に出品。2000年より西表島に後継者育成のための町立て仕事センターを完成。

    島の伝統行事「節祭」の衣装を復活させ制作を続けるなど、島の伝統文化、技術継承の為に尽力する。

    1999年 沖縄タイムス芸術選賞受賞。現在、NPO法人西表島エコツーリズム協会の監事も務める。

    >>紅露工房ウェブサイト