金 承洙(キム・スンス)

Kim Seung-Su

    韓国最年少の市長。羅北道(Jeollabuk-do province)知事秘書室長、最年少対外協力局長、最年少政務副知事など全州市と羅北道の要職を経て、現職に。 人を優先し、弱者を中心におく「最も人間的な都市」を目指した市政を掲げ、政治的には市民を、経済的には共同体の経済を、社会的には持続可能な生活の質と将来価値を、文化的には固有の独創的な地域文化を中心において都市をリードしていることで注目を集めている。

    全州市はここ20年間、持続可能な発展政策を優先してきた。また2015年からは「幸せの経済学国際会議」を毎年開催している。

    http://trans.jeonju.go.kr:7000/etgi/