高橋源一郎

Takahashi Genichiro

    小説「さよなら、ギャングたち」でデビュー。現在は、作家、評論家としてとして活躍する傍ら、明治学院大学教授として若者の育成にも尽力。主な著書に、『優雅で感傷的な日本野球』『ニッポンの小説―百年の孤独』『弱さの思想ーたそがれを抱きしめる』など。近刊は『民主主義ってなんだ?』、『丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2』など。