山田 正彦

Yamada Masahiko

    1942年生まれ。長崎県五島市出身。早稲田大学法学部卒業。弁護士。元農林水産大臣。

    長崎県五島で牧場経営や肉屋の経営などの経験の後、弁護士として開業、サラ金問題に取り組む。
    1993年、衆議院選挙に初当選し5期務める。菅内閣で農林水産大臣、農業者個別所得補償を実現。
    2014年、子ども発達支援やまびこ学苑を開設。

    現在、TPP交渉差止・違憲訴訟の会弁護団共同代表、日本の種を守る会代表を務める。

    著書多数。最新刊は『売り渡される食の安全』(角川新書)。

    オフィシャルサイト https://ameblo.jp/yamada-masahiko/