間中ムーチョさん描きおろし~ローカル経済は、特定の場所に根差す「場所の経済」

Local economics is the economics of place.

Nature is our real wealth.

エコノミーをエコロジーから切り離すことはできない。それらは一つなのです。

村、山、そして生態系に包まれているもの、土地とそこに生きる命を大切にする。生き物の健康と幸せを維持し、持続するのが経済。

ローカル経済は、特定の場所に根差す「場所の経済」です。

本物の富とは、木、川、大地、動物、そして全ての自然です。

それが本当の豊かさです。

サティシュ・クマール


「しあわせの経済」国際フォーラム2019 in 横浜戸塚のビジュアルイメージは、サティシュ・クマールさんの言う「場所の経済」。絵本作家・間中ムーチョさんに、このフォーラムのために描きおろしてもらいました。

今年の会場になっている明治学院大学戸塚キャンパスは、日本の原風景を生かした舞岡公園を臨む場所にあります。ここは、古来より、人々が自然とともに暮らしを送ってきた里山だったのです。

山に大地に、祈りを捧げながら、「しあわせとはなにか」、「本来の経済とはなにか」、「豊かさとはなにか」について、想いを重ね合いましょう。

このビジュアルを、“しあわせの経済”への旗印として、ご活用ください!

 

 

■間中ムーチョさん プロフィール

アーティスト、絵本作家。1970年生まれ。茨城県出身。神戸市在住。セツ・モードセミナー卒。

女児玩具デザイナーなどを経て、アーティスト活動を開始。3.11東日本大震災で起きた原発事故後、自宅の庭に生きる水仙やタンポポ、梅の実、マツボックリなどが、事故前とは違う形に変化したのに気づく。人間の出すデータや情報ではなく、植物達が身をもって「ここはもう、以前とは違うんだよ」と教えてくれたメッセージに従い、避難を決意。目の前の植物達から勇気をもらい、創作活動に生かしている。

絵本『にんげんさまへ』(SOKEIパブリッシング・11月出版予定)は、2019年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展に入選した”MOUNTAIN”をベースに、原発事故で汚染されたままになっている故郷の山、海、土への思いを描き上げた。スローな思想を描いた『ぬかどこさま』は、2017年有田川町絵本コンクール最優秀賞を受賞した。

http://55muutyo.jugem.jp/